ゴルフスイングの基本 バックスイング

テークバックに続きバックスイングについてです。

バックスイングはクラブを振り上げる動作ですが、
気をつけたいのは、

腕を背中のほうに運ばないようにすることです。
身体の向きの入れ替え動作で打つことができれば、

手の位置は最初にアドレスで構えた手の位置から、
後方延長線上に真っすぐ動いていくぐらいの気持ちで上げてしまって良いと思います。

身体も回して、腕も引っ張ったら、途方もないほど後ろにクラブが行ってしまい、

ボールの所まで戻るのに、
相当な労力が必要になってしまいます。

ですから、腕は直線上を動くようなイメージで
身体の向きが変わるので、
背中側にいくと思って自分では背面に引かないように注意することが大切です。

こうすると、ほとんど上げていないような感覚になって力が入らないと思いますが、

上手く打てるとインパクトを感じないさらっとした振り抜きが得られると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ