ゴルフスイングはほとんど膝を曲げないところから打っても届く

ダフったりトップしたり、打点が安定しません。膝の使い方に問題があると思いますがどうしたらよいでしょうか?

バックスイング時に左膝が内旋する癖があります。
そうすると体重が右に残ったままダウンスイングしてミスすることがあるように思います。左一軸スイングのように、左膝が前屈するのは良くても右側にあまりおおきく内旋するのはいけないんでしょうか?

まずは膝の動きの前に構え方についてですが、
膝の役割としては、
もちろんスイングの誘導などもあると思いますが、
コースに行った時の傾斜に対する時に使うのではないかと思います。

自分の足よりボールが高い位置にあれば、
膝を伸ばして打ちたいですし、
つま先下がりの様にボールの位置が低い場合は
膝を曲げて重心を落としてスイングするためのいわゆる準備段階で使うイメージではないかと思います。

ですから、平らな場所でのスイングは
足を突っ張るわけではないですが、
ある程度膝の角度を必要としないのではと思います。

ですから、まずはほとんど前傾も膝の角度も曲げずに
構えて打つ練習をするのも良いのではと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ