ゴルフスイング中に体重を左へ移動するタイミングは

こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。

左に体重移動することもダウンブローに打つためには必要。

ボールの位置は身体の左側に置く事が大切と最初にお話をいたしました。

実際アドレスの位置でボールを身体の左側に置いていますので、
普通に打つとアドレスでヘッドを置いた位置がボールの最下点になってしまうので、
ヘッドが低い位置に入ってからボールに行きますので、
すくい上げているような状態になってしまいます。

その左側にあるボールにヘッドが上からおりている間にクラブヘッドが
当たるには持っている自分の位置がやや左にずれている事が必要になります。
そのために必要なのが、グリップにヘッドの重さがかかって手を下ろしてもらっている間に
左足に体重を移してみましょう。

グリップが動いている時に同時進行で進めてみましょう。
回転が始まるのを遅らせることができますので、身体の開きにくいスイングが
身について上から打ちやすくなりますので、チャレンジしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ