クラブのしなりを考えたインパクトの作り方とは?

フェイスを下向き(シャットのような)状態でクラブを下ろすと左にひっかかってしまいそうで、ボールも上がらなそうです。

というご質問がきました。

まずひっかけが出てしまう原因としては、もともとのクラブの動かし方がフェイスを開いて閉じるという場合に下向きにおろしてさらに手首をひねってフェイスを回す動きが入ってしまっている場合があります。

そのため、左にひっかかったような当りになります。

次に下向きだとボールが地面のほうに飛んでしまうようなイメージが出てしまうという事ですが、
これもシャフトのインパクトの自然なクラブの動きが解決してくれます。

勝手にボールをしなりで拾ってくれますので、下に向けているぐらいでちょうど良いと思ってスイングできればボールを打つ事がやさしく感じられるようになると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ