バックスイングはストレッチしないで肩回りにゆとりを作る

バックスイングの時に左腕を伸ばそうとして、左腕をつっぱりながらあげてしまう場合があります。

アドレスの段階で左腕はぴんと伸びているわけでないので、無理に伸ばそうとすると、力みが生じてしまいます。

ですから、アドレスの形のままあごの下に余裕のあるような形でバックスイングをしていただくと力みのないスイングがしやすいのではないかと思います。

肩を入れる意識よりは鎖骨にのせるような感覚で身体の向きが変わる程度で十分打撃可能なエネルギーが生まれると思いますので力みを抑える要因になってくれたらと思います。

少し意識して練習してみてくださいね。

One Response to “バックスイングはストレッチしないで肩回りにゆとりを作る”

  1. qebxrymevoi より:

    wNA9av imbfkbxzsudm, [url=http://ouwpfyhtdlws.com/]ouwpfyhtdlws[/url], [link=http://fziwxqxswdcd.com/]fziwxqxswdcd[/link], http://niecedbyrtau.com/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ