スイング中、手元が身体から離れる原因と対策とは?

インパクト時に、アドレスに比べて手元が身体から遠い場所に来てしまいます。手元に余計な力が入っていることが原因でしょうか?対処法と合わせて解説いただきたいです。

アドレスで構えた形のまま、振り上げて、そのまま振り戻してくれば、同じ位置に戻ってくるはずなのですが、ヘッドには、重たさがあります。
ですから、下に動いたぶんだけ下側に力がかかります。

ですから、腕などは極力上げ下げしたくないのですが、その話は置いておいてクラブヘッドは少なからず、下に動こうとしますし、クラブもしなってヘッドがたれようとします。

ですから、手首の角度をアドレスの段階できた形をキープしてスイングする事が大切です。

そのためには、手首を少し上に上げている感覚スイング中もその状態をキープずる意識が必要です。

そうすることで手元が浮いてしまうのも避ける事ができると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ