バックスイングのスピード感はクラブを動かさずにあげられる早さ

スイングの基本で捩じりという動作を完了するまでのスピードが理解しずらいです、クラブを振るよりも振られろというがこれは正しいでしょうか?

スピード感に関してのご質問を頂きました。スイングの基本は自分の身体の正面が動いた分、クラブは身体の正面というのが基本ですので、

クラブも同じく、身体が動いた分動くというのが正解だと思います。

ですから、概ね身体のスピード感とクラブのスピード感がイコールにような状態でトップまでいき、

そこから同じく、フィニッシュまで同じようなスピード感でスイングできることをまずは目指す事が重要になってくるのではと思います。

身体が早ければフェイスは遅れて開きますし、手が早ければ、閉じて引っかかるか、フェイスが上を向いた状態になり、上にしか飛びません。

アドレスの形のまま動いていれば、ヘッドの重さ分ヘッドがやや遅れロフトが立って、いわゆるハンドファーストという形に自然になります。

身体の正面というのは本当に大切ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ