はじめての方へ|ゴルフの真の上達とは?

ゴルフスイング動作は気持ちにも考え方にも基本の『軸』を持つことが重要です。

1回のレッスンでも十分な効果はありますが、本当にゴルフを続けて行く中で大切なことは、
自分自身がスイングの基本動作および、コース攻略を理解し、スイングだけでなく、
やるべきことの軸を持って『自分でできる』ことです。

長いゴルフライフを考えれば、調子が良い時もあれば、調子を崩してしまうときもあります。

そんな時、スイングに関して関して部分的、抽象的なうわべの理解しかなければ、

「なぜ昨日までできたのにできないんだろう?」
「なぜ調子は悪いのだろう?」

と原因がわからないまま、

「シングルの人にこう言われた。」
「隣の打席で打っていた人はこんな感じだ」
「上司にこうしろと言われた」
「友人にこうなってると言われた」

からと、『表面的の経験論、感覚論、技術論』に振り回されて、長いスランプのトンネルから
抜け出せなくなっていきます。

ひどい方ですと、イップスにまでなっている方もいらっしゃいます。

スイングの大切なことの本質、基本を理解していれば、

「今、これができているから調子がいいんだ」
「今、あれが崩れたから調子が悪いんだ」

と自分で早い段階で気付くことができ、進むべき正しい方向から外れてしまうことがなくなるのです。

こうしたスイングの基本の理解は、レッスンと自宅、練習場での反復練習を繰り返し、
自分自身の成長を自覚する中で、次第に育まれていきます。

それがゴルフの一つの醍醐味だと私は思います。

そしてそれは、自分の中に考え方の『軸』ができたということで、もはや、私や今まで習っているコーチ、
先生に一方的に「レッスンされる」という受動的な立場ではなく、自分のプレーを誰よりも見てきた私や
今まで習っているコーチ、先生の客観的な目を借りて、自分で考えながら周囲と共にスイングを作って
いけるようになります。

スイングにおいて効果的な身体の使い方を基準にして、自分の良いところ、自分に足りないところが分かり、
自分の理想とするゴルファーへの階段を登るには何ができるようになっていけばいいのかがはっきりと道が見えます。

そして、自ら『正しい努力』に没頭し、確実にその道を自分の足で歩くことができるのです。

このような 『自分でできる気持ちと考え方』は、ゴルファーとして
どこまでも上手くなっていける可能性を秘めた最も重要な部分です。

またこれは、自分に置き換えると、ただゴルフが上手くなりたい、生徒様のゴルフを上達させたいという

一心で努力してきましたが、それが自然と習慣になって

『物事の基本を根っこの部分を理解しようとする姿勢』と『その根っこを知り、正しい努力を繰り返せば、
どんなことだって必ずできるようになる』

という考え方が培われていきました。

ゴルフだけではなく、どんなことにも言えますが、上達に必要なことも、人生の歩き方に必要なことも
『正しい気持ち』と『正しい考え方』であり、その両方が揃って『理想の結果』があると思います。

これは、真剣勝負でなければ得られない領域のものだと思います。

ですからゴルフを通じてその貴重な時間は、ゴルフにとっても、
それ以外の人生にとっても何事にも良い経験であり、楽しい時間になるはずです。

ですから、そのために私たちは日々ゴルフというスポーツの上達を目指すのかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ